ノイズリダクションで雰囲気がつかめてきたので、以前に真っ向勝負でやってみてイマイチな結果にしかならなかった奴もためすことに。

min($T,0.7)で上30%をカットした画像を処理対象とし、カットしていないものを教師画像としてトレーニングしてみました。
tanhでやると無難な絵だが結局実用レベルに到達せず。型のごとくReLUでやると強烈な黒穴が多発してなかなか消えず難渋しました。結局学習用画像データを増やして(回転を入れたものも混ぜた)対応したので、計算に3日以上掛かってます(笑)

でもってこれが、
イメージ 1
イメージ 2

こうなる。
イメージ 3
イメージ 4

つまり、7掛けにしてフォーマットの上に余裕を持たせた画像をこのフィルタに放り込むと、つぶれてしまった星の天辺を再生するか、フォーマット上新たに飽和するところまで伸ばしてくれるわけです。あくまでも推定なので、結果が正しいとは限りませんが(笑)
ウェルが浅いカメラを光害が強い場所で使ったときに役に立つかも??



これ、ネットワークの設計より学習データの質の方が影響大きい感じですね。ざっくりで止めてしまったノイズリダクションも、まだまだ精度上げられそうな気が。

前回記事の課題について、少し進捗したので記事に。
いやもう、どんだけ間空いてるのかと(笑)
ブログサービス終了しちゃいそうなんですが。まあ気を取り直して。

過去に撮ったL画像のうち、比較的枚数を確保できて滑らかにできたやつを何枚か確保。トーンカーブをいじっただけのものと、いじる前に適宜ノイズ付加したバージョンをペアで準備。0-1の浮動小数点表現でTIFF出力。
それぞれ32x32に分割して35000組ほどを確保。9割を学習用に、1割を評価用に振り分け。

イメージ 1
1~2日教える。古いQuadroだと200エポックで丸一日以上かかる。速いの欲しい。

イメージ 2
上段が本来の画像。中段がノイズ付加したもの。下段は中段に処理を加えて上段に似せたもの。
lossが0.0008を切ったぐらいで、まあまあ見られる雰囲気になってるよう。



さて、本番では画像丸ごと放り込むのでメモリが全然足りず(瞬間的に40GBぐらい使う)、cudaはとても使えない。5層しかない処理なのに16コアのマシンでも分単位で待たされる。重い。


イメージ 3
RELu
イメージ 4
tanh
イメージ 5


イメージ 6
RELu
イメージ 7
tanh
イメージ 8

基本に忠実にReLUでやると、特定の明るさのところの帯状の模様が気になる。あと黒穴が目立つ。
tanhだと学習がとにかく遅いが、同程度のlossでもReLUでやるより自然で、帯状の変な模様も目立たない印象。星が少ないゾーンでは勝手に微光星を増やしちゃう傾向があるが、もっとデータを増やして精度を上げれば改善するかも。

どの処理でもなんか黒穴だけ点々と残りがちですが、ここまで滑らかにしておけば軽くメディアン使うだけで綺麗に消えます。
あと、微妙に解像感が低下しますが、副作用でボケてるのか、ノイズを減らした影響でそう見えるだけなのかが問題かも。

イメージ 1
あいしー?さんびゃく?よんじゅうはち??
笠井トレーディング GINJI-150FN + ASA 2KORRR(合成焦点距離457mm相当)
Vixen AXD赤道儀
TS OAG9 + SX Lodestar + MaxImDLによるオフアキシスガイド
Moravian Instruments G2-8300FW + Astrodon LRGBフィルタ L 300s 32コマ RGB 300s 6/5/6コマコンポジット CCD温度-30℃
PixInsightにて画像処理

これ9月の画像ですが、既にダークがだいぶ合わなくなってきてるのと、めちゃくちゃなカブリをどうしたらいいか弱り果てていたのと、あと自動処理スクリプトを色々いじり回していた関係もあって、ようやく絵にできました。
脳内に一定のイメージのない領域を適当に撮ってみたので(そこらへん、構図に如実に現れています)、どんな絵にしたらいいかサッパリ。というわけで完全に処理の方向性を見失ってますねえ(笑)

LHEやLFHH(こっちは最新中の最新プロセス)がヤバ過ぎてヤバ過ぎて、幾らでもモヤモヤが出てきてしまうのです。どこまで本当に存在する構造なのか分からないので強調は最低限度にしてますが、それでもノイズまみれで閉口。どんだけ露出すればいいのだ。

そしてやっぱりLocalNormalizationは偉大(前回参照)。一番カブリの少ない画像を基準にして揃えたら、合成後に1次元のABE一発であっさり良い感じに(正しいとは言ってない)。ゴミもアッサリ消えるし、とにかく楽です。かくしん的もとい革命的機能ですね。正直、この画像はLNなかったらお蔵入りになってたかもです。


あと、先をL字に曲げて固定されてるスパイダーには強いテンションをかけにくく、無闇と引っ張るとどうしても撓みますね。個人的には光条割れはあんまり気にしないのですが、画像よりブツを見てて不安になるのが嫌(笑)。やたら補強すると相対的に弱いところに負担がかかるという相変わらずのパターンです。強度ってのは全体のバランスあってのものだなあ……

↑このページのトップヘ