鏡筒換装済みのフルアーマーペンギン君。
何度かのテストにて十分使えるという手ごたえがあったので、改造の次段階に着手しました。



本体が重くなった分足回りの固定が不安になってきたので、より広い幅を使って複数のネジで固定できるバンドを注文。1インチ間隔で3か所ずつの1/4インチねじを切ってもらいました。
Parallax製の新バンドは想像以上にごつくて、しかもムク。構造の工夫による強度確保など邪道と言わんばかり、小細工なしでひたすら分厚い。まさにマッシブでロバスト。ほとんど鉄塊です。手に取った瞬間、あまりの重さにビビりました。

イメージ 1
並べるとこんな感じ。オリジナル500gぐらいのところ、こいつは1.5kg以上はありそう。
零戦とヘルキャットあたりの対比を彷彿させますね。



イメージ 2

ADMのロスマンディー式アリガタを装着して、鏡筒を搭載。
バンドに貼られていたフェルトが相当分厚いので、引っ剥がしてより硬い素材(2mm厚のPVCデスクマット+1mm厚のプラ板)に交換。これでピタっと固定された感じ。
手元に転がってたアリガタをとりあえずのブリッジプレートに。


いかにも頑丈そうな仕上がりに満足しつつも、いよいよヤバげな重さになってきたなと、ちと計ってみたら総重量約12kg(笑)
これにさらにカメラとフードが取りつくんですが……SXPだとギリギリぐらいになってきたかも。
でもサイズとしてはコンパクトなので、慣性モーメントは大したことないはず……はず。

さて、ファインダーをどこにつけるか考えねば……